各地での取組み 

愛媛県松山市 瀬戸内海の離島

愛媛県宇和島市 鉄道車庫跡地

京都市西陣 織屋建ての町家

 

松山市 瀬戸内海の離島にて 

​愛媛県松山市の港からフェリーで約1時間の距離にある離島で約10年前より

戦後の重要産業だった柑橘類の栽培からの転作物に、

軽く高齢者にも扱いやすい茶葉が選ばれその生産が始まり

​現在では緑茶に併せ紅茶の生産も行われるようになりました。

​この紅茶を、この畠からの穏やかでやわらかであわい色合いの景色と

この地域の粟井という地名にもちなみ あわい茶 と名付けました。

応募方法

私たちは2017年よりこの紅茶生産グループに参加し、

年に三回の手作業による紅茶づくりと製品化をサポートしています。

茶葉の手もみや乾燥などの作業には、生産者メンバーがかつて通っていた小学校の、

現在は老人クラブの施設である体育館で行われています。

地元高齢者の手刈により、それぞれの季節に合わせた新芽刈が行われますが

このなだらかなカーブと人畝ずつ違う形なのは手作業による特徴です。

雨などの天候により収穫のタイミングが合わない場合には製造を見送る場合があるため

生産量が少く市販には流通していないのですが、

​現在は横浜のカフェにて試販売をしています。

​今後は生産地の島の特産品として来島者への販売や通販、

そして関係イベントなどで販売の予定です。

セイロン種とダージリン種が交配され生まれた「べにふうき」種は香りが高く、

緑茶も紅茶も水出しがとてもおいしいく召し上がっていただけます。

​松山市中島 旧大浦郵便局跡地
awaicha_book.jpg
awaicha_pack.jpg

私たちの活動にご寄付でご支援いただいた方には、

手もみ3季節紅茶「春紅茶」「夏紅茶」「秋紅茶」と

島の歴史的名所を紹介した小冊子をお送りいたします。

 

あわい茶ウェブサイト awaicha.jp

協力 あわい茶生産グループ​、YSTK